護摩修法が行われていたこの地に、鎌倉幕府<三代執権北条泰時>が<1219年>
成就院を建立。 1333年新田義貞の鎌倉攻めで焼失し西ヶ谷に移ったが、1700年頃の
江戸時代に<中興の祖 祐尊>により元の地に再建され、現在に至る。 
當山は108段の階段を上った山上にあり、由比ヶ浜を一望する眺めは鎌倉を守る要所で
あったことを偲ぶ事ができる。



<本堂>
本尊 不動明王
大日如来
聖観世音菩薩(鎌倉33観音21番札所)
弘法大師座像
地蔵菩薩
<御分身 不動明王>
本尊不動明王の御分身として境内に祀る。
お願い事をお書き頂いた護摩木を不動明王 護摩壇でご祈願致します。
また縁結び不動明王パワースポットとして多くの方にお参り頂いております。
<子安地蔵・子生み石>
子授け・安産・子育ての功徳のある子安地蔵菩薩。二つの丸い子生み石は、その石をなでるとご利益がある霊石。
<文覚上人荒行像>
成就院に伝わる木像文覚は、明治時代の「日本のロダン」と称された彫刻家 荻原碌山の作品に大きな影響を与えた。
境内にはブロンズ像が置かれている。
<なでかえる>
[善心廻幸] 愛らしい姿に心なごみます。
善き心幸せを招きかえる<善心廻幸>

<河口慧海 釈迦菩行像>
河口慧海(1866~1945)がチベットから持ち帰った釈迦菩行像レプリカ。